« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

September 26, 2014

リベンジ!イベント用棚キャリー

リベンジ!イベント用棚キャリー

レジャーシートで作ったイベント用バッグ。

棚がぴったり入れられる大きさにしたのだけど、展示即売イベントのときって、ヘアゴムや小物用にワイヤーネットも持ち歩くのね。
スーツケースに入れて、蓋ができないのでファスナーを途中までしめただけで持ち運んでたんだけど、せっかくなので、バッグにまとめた方がいいよなあと思って、棚とネットが両方入れられる大きさのバッグを作った。

こんどは、レジャーシートの生地みたいに見えて、前にホビーショーで買った縫いやすい生地。
めちゃめちゃ縫いやすかった。

前に別の棚用バッグに使って、ちょうどいい大きさが残ってなかったので、表と裏で生地が違うの。
わざと変えてるように見えないでもない。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 25, 2014

レジャーシートでバッグを作った。

20140806_235627

自由が丘にOUTLETという雑貨屋があって、けっこう好きだったんだけど、1~2カ月前に閉店しちゃったの。

閉店セールで、展示即売イベントに持ち込むのにちょうどよさそうな折りたたみの木製棚を買った。

その棚運搬用に、レジャーシートでバッグを作った。
このレジャーシートは、代官山のOUTLETで買ったんだと思う。
最初から、バッグを縫うつもりで買ったんだけど、バリバリしていて、ものすごく縫いづらかったよ。
ぴったりサイズ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 24, 2014

SUGARのカタログ

ジュニアスタイルで80年代のファッションについて熱く語るワタシだが、90年前後にワタシがいつも着ていたのはSUGARだった。

当時のカタログが何冊か残っているので、写真に撮ってみた。

1_2

当時は、けっこうどこのブランドも、こんなきれいなカタログをシーズンごとに出してたのね。
ちょうどバブル前後。
さすがに、だれにでもくれたわけではなく、ある程度の金額を買った人や、常連客に配ってけど。

けっこうもらったけど、古雑誌感覚で捨てちゃったのも多い。
いま思えば、もったいなかったなぁ。

これは、SUGARという店のUGAT(ヌガー)というブランドの。
どう考えても、ピンクハウスにインスパイアされてるでしょ、ってな感じの(そういうブランドは多かった)服なんだど、優しい感じの色使いや、控えめな甘さ、ほんのりカントリーテイストが、ものすごく好きだった。
今でも、クローゼットをよく見ると、まだけっこう持っていたりする。

4_2

こんなの。
右下に小さくロゴが写ってるんだけど、リボンモチーフのこのロゴがまたかわいくて。
ポイントカード(ン十万円分お買い上げ)でもらったロゴそのままのリボン型のフック、アメリカに行ったときに持っていって、キッチンの壁に取りつけて、そのまま置いてきちゃった(アメリカのアパートメントって、そういうのOK)のが、今でも惜しまれるなぁ。

2

これはBOW BRANDS(ボウ・ブランズ)の。
ピンクハウスのインゲボルグを意識してるでしょ、ってな、おとなっぽいラインだった。
セールくらいしか買わなかったぁ。

5

いま見ると、清楚でいいなぁ。
今、着たい。でも今ボウブランズがあっても、体型的に入らない気がする…

3

バブル後は、カタログもペラペラになっていく。
左側の、カタログは、アンファン(キッズライン)も作っていたときのもの。一瞬だったわね。

いちばん右のカタログをよく見てもらうとわかるんだけど、ヌガーとボウブランズの間に、STRAWBERRY FIELDS の文字があるでしょ。

そう、SUGARは、このあと、ストロベリーフィールズに変わってしまうのよね。
まず、ブランド名でストロベリーが入り込んできて、ヌガーとの違いが今ひとつわからないまま、単独ブランドになって、ヌガーとボウブランズが消滅。社名もいつの間にか、SUGARからSTRAWBERRY FIELDSになって、昔の影もない、今のブランドになっちゃったのね。

この時期、同じようなお洋服を作っていた田園詩・ストリートオルガンも、ロリィタ路線に変更して、そのままなくなっちゃったのよね…
残ったスタッフで、GARLAND(ガーランド)ってブランドを立ち上げたりもしてたけど、それも、消滅。

80年代にポップな服を作っていたRICH GIRL(リッチガール)も、同じような路線で、消滅。
他にはルイス・キャロルとか。

意外にも、70年代にフィフティーズファッションを引っ張っていたクリームソーダが細々とやっていたり

ピンクハウスは、デザイナーの金子功さんが独立して、ワンダフルワールドを作り、ご本人がデザイナー業を引退なさって、ワンダフルワールドもなくなってしまったのは、周知のとおり。

と、私感でのファッション史だった。
まあ、そんなこんなで、ワタシがSUGARを着た季節も終わり、それから5年くらいはレストローズを着ていたのだが、これまたブランドの路線変更と、お世話になった店長さんの退職で着なくなっちゃったな。

その後は、何を着ていいかわからないまま、今に至るのだった。
あとは自分で作ればいいのはよくわかっているのだけど、時間がないという、決定的な問題があるんだよね。

はぁ…。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)


| | Comments (0)

September 23, 2014

ビーズのプリンセス

ビーズのプリンセス

カンダ手芸のビーズキット。
オーロラ姫と白雪姫だよね。

長いTピンに通すだけなんだけど、けっこう手間がかかった。
穴が大きくて抜けちゃったり、微妙にビーズが足りなかったり…。

ムスメがオーロラ好きなので、二人で作った。

かわいくできたけど、耐久性ゼロな感じ。
ストラップついてるけど、とてもじゃないけど、バッグにつけて持ち出すとか無理。

2個で400円くらいだったから、こんなもんかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 22, 2014

ミニポーチ&ミニミニポーチ

ミニポーチ&ミニミニポーチ

秋のイベント用に、ちまちま作ってるよ。

10センチファスナーを使ったミニポーチとミニミニポーチ。

キルティングのはぎれで、たくさん作れる。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 21, 2014

池袋にユザワヤopen

池袋にユザワヤopen

池袋にユザワヤopen

ちょうど池袋に行く用事があったので、行ってみた。

 

やっぱりキンカ堂の穴は埋められないな。
物理的にも精神的にも。

 

それほど広くないワンフロアで、銀座店みたいな感じ。

 

安いわけじゃないし、めずらしいものがあるわけでもないし。
ちょっとした買い物なら地元で事足りるし、いろいろ見るなら、日暮里か浅草橋だなぁ、やっぱ。

 

開店2日目、土曜日だったけど、かなりすいてた。

 

せっかくなので、50センチ297円のつや消しラミネートと、メーター397円のハニーチューン生地(にしては、ずいぶん安い)を買ってきた。
税込み750円なり。
会員カードを無料で作ってくれたけど、たぶんもう行かない。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 20, 2014

豊洲のららぽーとで、

豊洲のららぽーとで、

映画『ルーシー』を観た。
夫がペアチケットを当てたので、ムスメはプラス学割で。

ハードボイルドな『2001年宇宙の旅』だった。
ムスメは「壮大すぎてわからなかった」と言った。
壮大なのがわかるだけで、中学生としては十分。

ちょっとネタバレ。

続編の『2010年』に出てきたパソコンのキーボードと同じような違和感あり。
スマホやタブレットを操作するみたいな動作や、結局USBメモリーかい!?的な。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 19, 2014

ローソンに行ったら、

ローソンに行ったら、

んなの、くれた。
スイーツみたいなタオル。
何のおまけですか、って聞いたら、「ご挨拶です」って。
よくわからないけど、ありがとうなのだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 18, 2014

ジュニアスタイルでフレアスカート

20140807_084912

ずっとさがしていたジュニアスタイル15号から。
当時、ものすごく気に入っていた、このスカート。
憧れてたけど、当時の自分には、これを作れるだけの技術はなかったのね。
今なら作れる!
ってわけで、作ってみた。

20140806_185006


同じように赤いギンガムで作ったけど、ちょっと生地が硬かったので、思うようなシルエットは出なかった。

裾だけ広げる感じのフレアスカートで、これ、絶対写真通りのスカートできないでしょう。
昔の洋裁雑誌は、メーカーの洋服の写真を使いつつ、編集部オリジナルでパターン引いてるから(今の洋裁雑誌=もはや、ミセスのスタイルブックとレディブティックしか残ってないけど、も、同様)しかたないといえばしかたないんだけど。

あとで、もう少しパターンをアレンジして、今の自分が気に入った感じのを作りたいと思うけど、当時の憧れをついに自分で作れて、すごくうれしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 17, 2014

80年代風セットアップ

20140814_1137511


ジュニアスタイル28号(1981 昭和56年8月号)の表紙作品をカットソーで作ってみた。
衿は布帛。
ことし、なんだかセーラーカラーが作りたくて、しかたなかったのだ。

そして80年代のジュニアスタイルには、セーラーカラーの服がいっぱい載ってるの。
そんなに流行ってたかなぁ。
あ、でもみんな何枚か普通に持ってたと思う。セーラー。意識してなかったってことは、普通だったのね。



作ったのは、これ。
当時は、今みたいにカットソーのお洋服って、ふつうのTシャツしかなかったので、ジュニアスタイルに載っているのは、全部布帛なの。
今思うと、すごいよね。

まあ、ワタシは、ニットソーイング(カットソー)とか、あんまり好きじゃないんだけど。
ムスメが小さい頃、ニットソーイング流行りで、人気のカットソー生地とか、パソコンに張りついて買ったりしたやつ、かなりの量が使わないまま眠ってるわ…

それはともかく、衿と共布のキュロットと合わせてみた。

20140814_1139211

う~ん、80年代というより、なんだかコスプレっぽい。
着ると、ますますコスプレっぽいよ。かわいいことは、かわいいんだけど。
80年代ファッションに憧れてるムスメといえども、さすがに、これを着て街を歩く勇気はないと言った。
せっかく作ったのに。
残念だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 16, 2014

キュロットスカート

カテゴリーが“コドモ服”って、どうなのかなぁと思うようなキュロットスカート3枚。
“ジュニア服”ってのも微妙だし、ムスメの服だから、ある意味コドモ服でも、まちがいじゃないし。

1

まずは、ペラペラの花柄(リバティ風と呼ぶにはあまりにチープ)で試作。
ムスメの感想はちょっと短いということだった。
でもなぜか、ペラペラのチープなのがかわいいと言って、気に入ってはいている。


2

で、次にインディゴのソフトダンガリーで。
そしたら今度は、ちょっと長いという。
けっこう難しい。

面倒だけど、もう少し短く直してあげようかと言ったんだけど、これでいいと言って、やっぱり着用中。

3

3枚目。
やっと満足のいくものができた。

のは、いいのだが、自分で作りながら、こんなデザインの服(ほどよい丈のスカートに見えるキュロット)、いまどきだれも着てないよと、突っ込みっぱなしだったのだけど、ムスメは、こんなのがほしかったと大満足のご様子。

まあいいか。


そういえば、服は、同じパターンで3回作ると、気に入ったものができると言われるけど、まさにその通りだと思った。

使った製図は、ジュニアスタイル28号(1981 昭和56年 8月号)のこれ。
なぜか80年代ファッションに憧れているムスメなので、この時代のシルエットがいいらしい。
ワタシとしては、キュロットにしても、もう少し今風のラインにすればいいのにと思うんだけど。

5

こんな下着みたいなスタイルが、街着として紹介されてるのね、すごい。

6

こっちの製図も使ってみた。
左側のピンクのやつ。
キュロット、ほとんど見えないんだけど、製図が載ってるのね。すごい。


この2つの製図を見比べて、自分でちょっと調節しながら、パターン引いてみた。
囲み製図だけど。
久々のパターン、楽しい!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村

ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

| | Comments (0)

September 15, 2014

ジュニアスタイルついに入手!

1396573018392_2

3月末に落札したジュニアスタイル。秋号なので、下に置いちゃったけど、創刊2号(1976年昭和51年秋)と9号(1978年昭和53年夏)
昔、夢中で見ていたファッション雑誌、兼、洋裁雑誌。
探している号があると、何度も書いてきた。

で、とりあえず、80年代前半までのジュニアスタイルがヤフオクに出ると、予算の許す限り、なるべく買うようにしている。
目安としては、1冊1,500円くらいかなぁ。

そして、ついに手に入れましたよ!

1410684036746_2

通算15号!
昭和54年夏休み増大号。(1979年)

前々から、予算に糸目はつけないと言ってたのだけど、出品されてるのを見て、その時点で狂喜乱舞。ハンパない金額を突っ込みました。

下に重なっているのは、同時に出品されていた通算10号。(1978年昭和53年8月号)
持っていないので、ついでに入札したら、こっちは、開始価格で落札できちゃったのでした。

7月後半だったかなぁ。

001_2

そして、驚きの画像!
あれほどずっと探していた15号。
なんと1か月もしないうちに、付録の実物大型紙付きのものが!

これはダブっても落とすしかないでしょう。

てことで、そこそこ高額で落札。
ダブった分の本誌は、出品しちゃおうかなぁと思ったんだけど、せっかく入手したんだから、予備でそのまま持っていることにした。

002

同じ出品者さんが、他にも実物大型紙付き(通算14号 1979年 昭和54年夏)を出していて、本誌は持っていたんだけど、やっぱりほしくなって落札。

ダブった本誌は、ヤフオクで売ってしまいました。

ヤフオクでジュニアスタイルをほしがっている人は、ワタシの他に数人いるみたいです。
みんな、自分が持ってるやつには入札しないので、ものによっては全く入札ないですよ。
たまに、開始価格をものすごく高くしてる人もいるけど、千円台のスタートじゃないと、厳しい感じ。

今、2番目にほしかった号(37号 1983年 昭和58年 8月号)が出品されていて、迷い中。
そこそこの金額を入れたんだけど、高値更新されてるのね。
本気でほしがってる人は、ワタシのほかにもう一人だけなので、その人が入手してしまって、次にもし出てきたら、安値で落とせるのはわかってるので…

あれほどほしかった号が、立て続けに出たりすると、待った方がいいのかなと思う。
実際、15号も手元に来たら、文化学園の図書館で、めぼしいページはほぼカラーコピーしていたので、37号も同様かなぁなど。

ちなみに、神保町にサブカル雑誌専門の古本屋が2軒あるんだけど、ゴージャスな女店主のいる方で、今、ジュニアスタイル創刊号(林寛子さんの表紙)が、千円で売られてるよ。

金子功のワンピース絵本、ブラウス絵本なんかも、安定の価格で出てる。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

 

| | Comments (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »