« 大歩危(おおぼけ) | Main | 町を散歩する。 »

August 13, 2013

アンパンマン列車でhomeへ!



チケットをとった南風は、たまたまアンパンマン列車だった。
外側もアンパンマンでラッピング(塗装かな?)され、車内の天井にもアンパンマン・ファミリーが描かれている。

ちょうどドキンちゃんの下あたりの席だった。

徳島から高知へ、いちばんの難所はやっぱり大歩危、小歩危あたり。
特急に乗っていても、ものすごく揺れて、10年前に初めて乗ったときは、ひどい乗り物酔いに悩まされた。
今回、下車してじっくり観光して、もう車窓からチラチラ見える見知らぬ場所から、よく見知った場所になったので、帰りにも、酔わないような気がする。

大歩危から高知までは特急で1時間弱、そこからさらに列車に乗って目的地に着く。
夫の祖父母が住む町だ。

絵にかいたような田舎である。




津波に備えて、高台の小学校までがコンクリートで整地してあった。
そこにのぼると、こんな風に見える。
線路の先が高知市内ね。

そして視線を移すと、

海が見える。

山と海が、ものすごく近いのね。
関東平野に育ったワタシは、初めて訪れたとき、すごく奇妙な感じがした。

ついでに言えば、海も、入って2、3歩でいきなり深くなって、足が立たなくなる。
これまた、遠浅の海しか知らなかったので、びっくりした。

てなわけで、こんな素敵な田舎の話、まだまだつづくよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)


|

« 大歩危(おおぼけ) | Main | 町を散歩する。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大歩危(おおぼけ) | Main | 町を散歩する。 »