« ランチ会 | Main | 奥武蔵滞在中! »

July 31, 2013

万年筆

書写の宿題で万年筆がいると、ムスメが言った。

最近また流行ってると聞いたことがあったので、文具売り場に行ってみたのだが、安いもので、三千円くらいだった。
これからも使うならいいけど、しゅくだいに使うだけにしては、ちょっと高いなあ。
百均にもあったけど、さすがに書き心地に不安があるので、買わなかった。
3,000円か100円かって、極端だよなぁ。

ちょうど帰省したので、机の引き出しを探してみたら、あった。
万年筆。
プラチナの14金。インクはブルーブラックである。
なんと、カートリッジをさしたまま。
インクはすっかり乾いている。

使えるのかな…

そもそもいつから使っていないんだろう。
ムスメが赤ちゃんのときには既に使っていなかったので、15年なんてもんじゃないな。
とすると、20年近くか?

ネットで手入れ方法を検索してみた。
水洗いできるらしい。
コップに水を入れて、一晩つけておくとかも良いらしい。
プリン容器しかなかったけど、カートリッジを抜いて、ためしにやってみた。

昔は、万年筆って入学祝いの定番で、手に入れたときは、大人になった気がしたものだ。
初めての万年筆は、中学生になったときの学習雑誌のふろくだった。
プラスティックのパールカラーで、けっこう使い心地がよくて、長い間、使っていた。
その後、1~2本、もらったか買ったかして使ったかなぁ。

インクはブルーブラック。
正式書類は、かならずブルーブラックの万年筆を使ったよね。
時を経ると、だんだん色が変わってくるので、あとで書き足したりできないようになっていたのだ。
当時は、ボールペンといえば、BICとかのダマになってインクがもれるものしかなくて、とてもじゃないけど、ちゃんとしたものを書ける状態ではなかった。
その後、ジェルインクのボールペンが出てきて、主流はそっちに移っていき、同時にパソコンやワープロが普及していって、万年筆はすっかり廃れちゃったんだよね。

そんなことを思い出すうちに、万年筆をムスメに貸すのが惜しくなってきた。
書き癖がつくんだよね。
前に、小学生のときから使っている糸切りばさみをムスメに貸して、ひどい目に遭ったこともある。

まして、万年筆なんか、見たことも使ったこともないムスメに貸すとか、やだなぁ…

そしたら、amazonから荷物が届いて、キティちゃんの万年筆が出てきた。
680円也。
そうだ。出発前、夫にポチってもらっていたのだ。


キティちゃんの万年筆も、なんとプラチナ。
インクはブルーブラック。

写真だと、よくわからないかな。
ムスメの新しいカートリッジの万年筆は水茎うるわしい青で、わたしの古いカートリッジは、グレーがかった味わいのある深い青…
それって、既に、経年状態じゃん!


でもいいなあ、万年筆で書いた字。
しばらく使ってみようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« ランチ会 | Main | 奥武蔵滞在中! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ランチ会 | Main | 奥武蔵滞在中! »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ