« チーバくんラッピングトレイン 夏! | Main | おめでとう、ワタシ! »

June 14, 2013

バニラ手術

ちょっと前の写真と内容になるけど。

今年7歳になるバニラ。
なんだかものすごく臭くなった。
おしっこにもなんだか混じってる感じがして、また膀胱炎かと思ったけど、念のため病院に連れていったら、子宮蓄膿症だった!

話には聞いていたけど、まさか、バニラがかかるとは。
実家の15歳の黒ラブは全然大丈夫なのに…

とりあえず、抗生剤を中心に薬をもらって飲ませることにした。

親ばかだけど、バニラは、わりといろんなことがわかるので、飲まなきゃいけない薬は、わりとすんなり飲む。
ひざのうえに乗せて、「薬だよ~」と言いながら、喉の奥に押し込もうとしても、抵抗せずに飲み込もうとするのだ。
飲んだあとは、果物とか、ちょっとご褒美をもらう。

そしたら、もらった抗生剤が合わなかったようで、飲むと吐いた。

とりあえず、炎症止めとかほかの薬は飲ませて、数日して連れていくと、炎症はおさまってるきているとのこと。
別の種類の抗生剤をもらった。

避妊手術と同様に、子宮と卵巣を摘出するのを勧められる。
なるべくなら炎症がおさまっているときのほうが良いらしい。
炎症がひどいと、すぐに手術しないと命に関わるようだ。今、これを書こうとして検索したら、上の方に出てくるブログにびっくりしてしまった。
皆さん、くれぐれもお気をつけください。いきなり手術画像です…

で、最初に病院に連れていって2週間くらいで手術と相成った。
炎症を起こしているときは、数日間入院するそうだけど、普通のときなら日帰りできるそうだ。
病院をやっている時間と、仕事の時間が合わなくて、手術前にひとばん入院ということになったけど、手術当日の夕方には、退院できた。

で、帰宅して、自前のエリザベスカラーをつけているの図。
うちにきたばかりの頃、骨折してずっと使っていたものだ。

でも、ものわかりのいいバニラは、当日くらいはお腹を気にしていたけど、あとは、気にしていなかった。

さすがに数日間は、あまり食欲もなく、すこし元気になってきて、玄関のピンポンに反応していつものように飛び出そうとして、聞いたこともないような声で鳴いたり(イタタタタッというような感じの)していたけど、3日もしたら、すっかり元のようになった。

10日後、抜糸。
お腹の傷も、全然わからない。

子犬を産ませる予定がないなら、メス犬は早めに手術してあげた方がいいっていうのは、本当なんだと思った。(夫の父母の犬たちは、1歳くらいで手術している。)

ちなみに手術費は、5万円くらい。
通常の避妊手術も同じ。
バニラの場合、具合が悪くなって行ったので、手術費には保険がきいたよ。(ペット保険。)
でも通院費もあるから、けっこうかかった感じかな。

バニラは、身体がちいさくて、毛色も変わっているから、無理な繁殖を重ねてきたのかなと思う。
いろいろ病弱である。(最初は骨折だったけど。)
長生きしないのかなぁ…
その分、いろいろわかるのかもしれないと思ったりする。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« チーバくんラッピングトレイン 夏! | Main | おめでとう、ワタシ! »

ペット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« チーバくんラッピングトレイン 夏! | Main | おめでとう、ワタシ! »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ