« ダイソーで応援うちわも買った。 | Main | 日本橋クルーズ »

February 10, 2013

中原淳一展

中原じゅんいち展

2/6~18 日本橋三越で、中原淳一展開催!
どうしようか迷ったけど、開幕ぎりぎりにヤフオクでチケットを入手。
なんと2枚で300円。

会場は、大昔の少女たちで賑わっていた。
原画とか、雑誌がいっぱい飾られていて、1枚ずつ見ていったら、丸1日かかりそう。
特に、イラストをかく人だったら、毎日でも通いたいんじゃないかと思う。

中原じゅんいち展2

雑誌で紹介された子供部屋を再現。
材料が現代のものだから、どうしても、現代風なかわいさになっちゃうのね。
実際は、もっともっと昭和臭がしたのだと思う。

撮影できるのは、こんな風に再現したコーナー。

中原じゅんいち展2

ケイタマルヤマによる再現ドレス。

こんなとき、いつも、再現ドレスが展示されていて、それが服飾専門学校の学生が作ってたりするので、どこかイメージが違うのね。
素材が手に入らなかったり、パターンが甘かったりするのが原因だと思ってた。

これは、一流デザイナーによるものなので、ドレスとしての出来は別格。
素材も高級なものをたっぷり使って、贅沢なパターンで作っている。

でも、なんか元のイラストとはイメージが違うんだよなぁ。
デザイナーの中では、こんな感じなんだと思うんだけど。

中原じゅんいち展2

後ろ姿。
あたし的には、バッスル部分は、もっとゴージャスでもいいなぁ。

木綿のセミオーダーワンピというのもあって、5万円くらいで実際に中原淳一風のワンピを作ってもらえる企画もあった。(ケイタマルヤマのものではないと思う。)
さすが百貨店。

でも。やっぱこうなっちゃうのかぁという素材とパターンだった。
自分で着るなら、自分でパターン引いて作った方が良さそうだった。
他の人から見たら、そういうイメージじゃないから、となるのかもしれないけど。

会場で、少女雑誌の付録が展示されてるのを見ていたら、どこかのおばあさんが話しかけてきて、
「この手帳、今も持ってるのよ。わたしが少女時代のころの人ね。わたし今88なんだけど、大正時代でねぇ。ほんと夢のある絵よねぇ」
と言っていた。
大正14年か15年、昭和元年生まれらしい。
すごいな…

軍国主義の激動の昭和を、少女として生きていたんだ。
その頃、こんな雑誌を買ってもらっていたなんて、かなりのお家の方と見た。

なんか、いろいろこみ上げるものを感じてしまった。

中原じゅんいち展2
いつもなら物販に走るのだが、今回は、とくにほしいものもなく(どちらかといえば、弟子の内藤ルネが好きなので)、でもせっかくなので、会場限定のピンバッヂのガチャガチャをやった。
300円。

中原じゅんいち展2

これが出た。
全5種類。
真ん中の四角いのがよかったな。
これはこれで、かわいいけど。

中原淳一展、チケットとグッズで、600円也。
ムスメは通学定期があって、わたしは人形を作りにいった帰りなので交通費も特にかからず、とてもリーズナブルなレジャーだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村
ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« ダイソーで応援うちわも買った。 | Main | 日本橋クルーズ »

お出かけ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ダイソーで応援うちわも買った。 | Main | 日本橋クルーズ »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ