« レトロタウン滝野川☆手芸部こぼれ話 | Main | パッチワーク風ばねポーチ »

August 02, 2012

なんちゃってパッチワークボード




手芸部で使うために、とりあえず作ってみた。
なんちゃってパッチワークボード(キルトボード)である。

パッチワークボードとは、パッチワークをするための小さなマルチアイロン台とでも言うべきものらしい。
表面は、アイロンがかけられるようになっていて、裏返すと、印付けをするためのサンドペーパーと、カッティングマットが貼りつけてあり、(ものによっては、そのあいだに、1枚のセーム革のようなものがあり、並べたピースが飛ばないように押さえることもできる)、二つ折りにして持ち運びがしやすくなったもの。

作ったのは、写真で見ると、つながってるように見えなくもないけど、1枚ずつ。
小回りもきくし、2人で使うときにも便利なので、これでオッケー。

で、ひっくり返すと、こんな感じ。

おおざっぱなわたしの場合、そもそもパッチワークはやらないので、サンドペーパーは要らない。
なので、裁断用とアイロン用があればじゅうぶんである。

初めてこれを見たムスメは、「カッティングマットがずれてるよ」と言ったのだが、大きめの布をロータリーカッターでカットするときには、マットが大きいほうがいいので、並べて使えるように、2枚ずらしてつけてみた。
縦でも横でも使える。

作り方だが、しっかりめの段ボールに、キルト芯を置いて木綿布で包み、裏を木工用ボンドで留め、さらにカッティングマット(百均の)を貼りつけただけである。

しかし、使ってみると問題点が…

パッチワークの場合、ドライアイロンをちょっとかけるだけなので、これでも問題ないのだと思うが、わたしは大きめの布にスチームアイロンを当てるのだ。
芯は紙なので、必然的にボードがしなり、熱もマットに伝わり、波打つという…

そのうちベニヤを使って作りかえよう。
…と、思うばかりで、きっとやらない。


ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« レトロタウン滝野川☆手芸部こぼれ話 | Main | パッチワーク風ばねポーチ »

★コモノ・雑貨★」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« レトロタウン滝野川☆手芸部こぼれ話 | Main | パッチワーク風ばねポーチ »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ