« コメダ珈琲 | Main | はじめてのパッチワーク »

August 06, 2012

ユーカリと夾竹桃

区民館ちかくの公園にユーカリが植えられているのだが、そのことを忘れて通りかかると、不意に良い香りがして、足をとめてしまう。

すごくさわやかな香りである。
夏の花、夾竹桃も咲きほこっていた。

友だちがロス郊外のトーランスという街に住んでいたことがあって、何度か遊びにいったのだが、そのアパートメントを取り囲むように、ものすごくいいにおいの木が植えられていて、それがユーカリだった。
友だちは、ご主人の仕事の都合で5年くらい住んでいたのだが、その木にはあまり興味がなかったらしく、名前をきいても知らないということだった。
あとで、自力でしらべて、ユーカリだということがわかった。

コアラが食べるとか、精油になるとかで有名だけど、その木を知っている人は、あんがい少ない気がする。
しかも、ユーカリと一口に言っても、何百種類もあるらしい。

区民館ちかくの公園で、ほのかなユーカリのにおいをかぐと、あの、むせかえるようなユーカリの香りを思いだすのだが、種類がちがうのと、風土がちがう(気温や湿度が違うと、おなじものでもにおいの感じ方は違う。味覚も同様)のとで、すこし似ているだけで、あの香りはしない。
また、あの濃密なまでの香りに包まれてみたいと思うのだが、彼女も、もうその場所には住んでいないので、たぶんもう2度とそういうことはないのだろうと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« コメダ珈琲 | Main | はじめてのパッチワーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« コメダ珈琲 | Main | はじめてのパッチワーク »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ