« ねんりん家のバームクーヘン | Main | メーテル列車 »

May 03, 2012

テルマエ・ロマエ

“変な邦画”が好きなワタシ。
やっぱ、これは外せないでしょ。
てことで、テルマエ・ロマエ。
先着でもらえる本をもらった。

変な邦画のつもりだったけど、ふつうに人気の邦画だったようで、劇場は大賑わいだった。

こういう映画、大好き。

続きは、こちら♪
ク リックしてどうぞ☆
    

テルマエ・ロマエのロケ地のひとつになっていた銭湯があるのだが、同じ区内にある銭湯が数か月前に廃業した。

その解体が、ついに始まった。

すきまから、入り口をのぞき見る。
ついこの間まで、ちゃんと玄関だったのに。

数日後、解体が進んでいる。

近づいて、“風呂屋のペンキ絵”(by 太宰治)を、カメラにおさめる。
そういえば、男湯と女湯で1枚絵だったのだな。

角度を変えて、ズーム。

さらに解体は進み、柱がなくなった分、ペンキ絵が見やすくなっている。

洗い場には、西洋風の絵もある。
かなりゴージャスである。

次に通りかかると、建物も富士山もなくなって、西洋のお城だけになっていた。

最後まで残る洗い場。

建物はあとかたもない。

ついに煙突に足場がかけられた。
うちの近所の銭湯が廃業して解体されたときもそうだったけど、煙突は最後なんだよね。

そのときの写真がブログに残っていた。

足場をかけられた状態 ココ
煙突が小さくなっていくところ ココ
ご自由にお持ちくださいになっていたケロリンの桶 ココ



今回、解体されている銭湯のある路地に、こんな花が咲いていた。
これまた、レトロな和風建築の仕立屋(営業はしていないと思われる)の玄関先である。

ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

|

« ねんりん家のバームクーヘン | Main | メーテル列車 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ねんりん家のバームクーヘン | Main | メーテル列車 »