« ニューヨークのスーベニア・コイン | Main | ミッキーとダッフィーのスプリング・ヴォヤッジ »

April 03, 2012

けんぞうのタイヤキ



久々に買ってみた。
日本一、皮が厚いというタイヤキである。

中は、さくらあん。
めずらしいものが好きなワタシは、こういうの好きなのだが、ムスメには不評。夫は特になにも言わず。



わかりづらいけど、ふつうのタイヤキの3倍はある。
おやつというより、一食分な感じ。

朝ごはんに食べながら、ふと顔をあげると、夫とムスメは同じ顔をして、しっぽから食べていた。
ええっ、と思ったら、ムスメの方が先に「ええっ、ママ、頭から食べるの!?」って。

だって、しっぽって、ポッキーのチョコのかかってない部分みたいで、“持つところ”って感じじゃない?

そしてよく思い出してみると、実はワタシ、小さいころはあんこが苦手で…。
(今も、つぶあんは苦手。みつまめの豆も苦手だった。分析するに、豆の皮とか粉っぽいところがきらいらしい。)

昔のタイヤキは、しっぽにはあんこが入っていなかった。
それで、しっぽを最後にすれば、苦手なあんこを食べずに、タイヤキ生地を堪能できたというわけだ。
そういう意味では、モナカはかなしかったな。あの、薄い皮だけ食べるのは、至難のワザだった。ふわっと溶けちゃうやつもあったし。

日本が豊かになってくるにつれ、「しっぽまであんこの入ったタイヤキ!」なるものが蔓延してきて、ワタシはすごくかなしかった。
でもそれからほどなくして、あんこ以外のクリームやチョコや、ハムマヨネーズやらの入ったタイヤキまで登場してきて、選べる自由のある国になったのだった。

年齢を重ねた今では、こしあんは好き。
つぶあんは苦手なままなのだが、こしあんのタイヤキというのはさすがに見かけないため、ワタシのタイヤキチョイスは、どうしてもキワモノ系になる。

ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« ニューヨークのスーベニア・コイン | Main | ミッキーとダッフィーのスプリング・ヴォヤッジ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ニューヨークのスーベニア・コイン | Main | ミッキーとダッフィーのスプリング・ヴォヤッジ »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ