« 浦安マラソン→多摩地区→地元で焼き肉 | Main | 日本人の知らない日本語 »

February 06, 2012

下妻物語・完

2/6下妻物語・完

仕事で使う太宰治の本を借りに図書館に行ったら、太宰のとなりにあったので、借りてきた。
嶽本野ばら『下妻物語・完』である。

『下妻物語』は、映画化された頃に読んだ。
本を読んでから、DVDで観たんだと思う。
本より映画のほうが面白かったかな。

『風と共に去りぬ』が、原作のスカーレット・オハラが相当イヤなやつなのと同じくらい、『下妻物語』の桃子は、原作では相当イヤなやつである。

この『下妻物語・完』の桃子もイヤなやつである。
ミステリー部分も、じんわりと不快な感じ。
いわゆるトリック部分ではなく、この人がこんな風に殺されちゃったり、ひどい目に遭うのは、かわいそうすぎない??ってところが。

トリック部分が有名なアレのパクリってところは潔くて、気分がいい。
バッタモンはNGだけど、パクリはOKって美意識は、悪くないね。

ちなみにこの本、受験しているムスメを待つ控え室で読破した
帰りの電車でムスメに渡したら、夢中で読んでいた。

そして、下妻物語のDVDを引っ張り出してきて、久々に鑑賞する母娘。
今みると、ヒロインのフカキョンは、ぽっちゃりしていて垢抜けないし、当時あれほど素敵に見えたBABYのお洋服が、なんだか安っぽい。
とはいえ、“変な邦画”好きのワタシたちなので、すっかり楽しんでいたりするんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

 

« 浦安マラソン→多摩地区→地元で焼き肉 | Main | 日本人の知らない日本語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 浦安マラソン→多摩地区→地元で焼き肉 | Main | 日本人の知らない日本語 »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ