« アリス生地のおむつポーチ | Main | 手作り市 in 武蔵野の丘 中止のお知らせ »

March 12, 2011

品川てづくり市中止のお知らせ

3/13(日)の品川てづくり市、中止の連絡が入りました。

続きは、こちら♪
ク リックしてどうぞ☆

    

地震が起きたときは、品川のための荷造りの真っ最中でした。
いつものようにディスプレイのシミュレーションをして、値札を確認して、次のイベントのための準備をしていたときです。
  ↓



昔、時化の海をフェリーに乗って、和歌山まで旅をしたことがありますが、そのときと同じくらいの揺れでした。

乗り物酔いをしやすいので、頻繁にくる余震で、すっかり気分が悪くなっています。

イベント準備のために出勤していなかったので、ムスメを学校に迎えに行くことができましたが、夫は、都心を突っ切って歩きつづけ、夜11時ごろ帰ってきました。

電車は、すっかり止まっていたのです。
いつものように出勤していたら、ワタシは帰ってこられなかったと思います。

テレビをつけると、日本とは思えない惨状が広がっています。

目を覆いたくなるようなことがほんの数百キロ先で起きているのに、自分では何もできないのが、つらくてたまりません。
でもテレビは、エンタテインメントではないのだから、被災地にヘリの轟音を轟かせて、刺激的な映像を流し続ける他に、やることはあるだろうと思います。
なので、わたしは、テレビを切ってラジオにしています。

ネットもつながるので、ツイッターを見ていますが、「近親近隣に不幸があったならともかく、元気に遊べる状況なら遊びましょう。震災被害と、『不謹慎』と いう錦の御旗による自粛被害で日本経済全体が地盤沈下してしまう。」とか、「時間が経ったのでもっかい言っておく!いいか、手の届かない場所のことを気に 病むな!お前らは『なにもできない』んじゃなく、『まだすることがない』だけだ!いずれ必ず、すべき仕事が回ってくるぞ!必ずだ!だからそれまで気をしっ かり持てよ!いいな!」とかいうツイートが心に沁みます。


現在、被災されている皆さま、不幸にして命を落とされた方々、お見舞いとお悔やみを心から申しあげます。祈るしかない自分がもどかしくもあるのですが、こういうときこそ、今、自分のできることをすべきだと思います。

ただひたすら悲しみに沈み、歌舞音曲を控えるだけができることではなく、自分自身をしっかり生きること。
今できることは、それだと思うのです。

イベントも中止しないで、売りあげを寄付するとか、そういう方向にできると良いんだろうと思いますが、首都圏ではまだ電車の運行も正常には戻っていない状況なので、品川てづくり市の中止もやむを得ません。


またの機会に、お目にかかりましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

|

« アリス生地のおむつポーチ | Main | 手作り市 in 武蔵野の丘 中止のお知らせ »

お知らせ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 品川てづくり市中止のお知らせ:

« アリス生地のおむつポーチ | Main | 手作り市 in 武蔵野の丘 中止のお知らせ »