« HONKOWA(ほん怖) | Main | ドナルドのフィルハーマジック »

January 28, 2011

ギャザーポーチの作り方

2011_01_27_9036

2011_01_27_9043

雑貨屋でよく見かける、こんな形のふっくらポーチ。
ギャザーポーチの作り方で検索しても、切りかえがあったり、底にギャザーを寄せてあるものばかりで、なかなか作り方がヒットしない!

だったら、自分で考えて作ってしまおうと思ったのが、コレ。
例によって、すっかり自己流で(しかも出来上がりは夫にギョウザみたいだと揶揄されつつ)、果たしてこれが正解なのかとも思うけど、かわいいし収納力もあってるので、気にせず公開しちゃおうっと。

てなわけで、自己満足による公開です。
ご質問にはお答えしかねます、あしからず。

 トップ写真のみ、クリックで大きくなります 

続きは、こちら♪
ク リックしてどうぞ☆

    

【材料】

表布…縦40センチ×横28センチ以上の布1枚または、縦21センチ×横28センチ以上の布2枚。帆布などのしっかりしたものがいいです。 薄手のものを使う場合は、芯を貼ると、しっかりした仕上がりになります。くったりした感じがいいときは、薄手でも大丈夫。

裏布…縦21センチ×横28センチ以上の布2枚。ギャザーを寄せるので、薄手(ブロードやシーチングなど)がおすすめです。

20cmファスナー…ふつうのタイプ。見えない状態で縫う場合があるので、玉付きの金属ファスナーは避けた方がいいです。金属だと、針が当たって、折れる場合があるので。

ギャザーポーチ

【型紙】
A4のコピー用紙を半分に折って、上の数字通りに線を引く。(縫い代込み)
カーブはてきとうに。

ギャザーポーチ

引いた線で切りとり、折ってあったところから開くと、こんな感じ。

ギャザーポーチ

【裁断】

表布は、縦40センチ以上、横28センチ以上の布を用意して、“わ”にして折り、型紙をのせて裁断する。
写真は、“わ”のようすがわかるように浮かせてありますが、実際は、きっちり型紙を合わせてください。

柄に上下がある場合は、以下の裏布の裁断とおなじようにします。

ギャザーポーチ

裏布の裁断。
縦21センチ以上、横28センチ以上の布を中表に2枚重ね、底に1センチの縫い代をつけて裁断します。

ギャザーポーチ

あっ! 中表じゃないっ!
ウェイトをのせてロータリーカッターで裁つときは、これでもいいってことで…
チャコなどで線を引く場合は、中表の方がいいです。

110124_234401

【縫製】

表布は、両横を縫い、三角につまんでマチを縫います。
縫い代は1センチ、マチは6センチ幅にしました。

裏布は、両脇と底をL字型になるように、1センチの縫い代で続けて縫います。(写真のピンクの線部分。)
底は8センチくらいあけてください。返し口です。
(表布を2枚で裁った場合も同じように縫いますが、その場合、表布には返し口を作る必要はありません。コの字型にばーっと縫っちゃってください。)
表布と同じように、マチも縫います。

マチは、裁断のときに、四角く切り落としてもいいのですが、わたしは、作業の中で裁断がいちばん苦手なので、あえて三角まちのまま作ってしまいます。
斜めになりやすいので、気をつけてください。

ギャザーポーチ

表布と裏布を中表に重ねて、開口部を縫い合わせます。
カーブをきれいに出すため、縫い代は0.5センチです。

ギャザーポーチ

返し口から表に返し、開口部にコバステッチをかけます。

アイロンで押さえただけでも大丈夫だと思うけど、アイロンかけるより、手でおさえてステッチかける方が、横着者のワタシには、向いてるかな、と。

もちろん、ぜったい必要なときは、まめにアイロンかけてます! さ~や☆製のお洋服とか、安心してお買い上げくださいね~

ギャザーポーチ

ギャザーを寄せるための粗ミシンをかける。
ギャザー幅を2.5センチくらいにしたいので、開口部から2センチのところと、3センチのところ。

ギャザーポーチ

糸を引っぱって、ギャザーを寄せる。
かたくて切れやすいので、慎重に!

ファスナーの長さに合わせて、まち針で留める。
ファスナーのはじっこは、こんな感じに折る。
中央部は、ギャザー幅を2.5センチくらいにするけど、両端は1センチくらいにしておくと、出来上がりがきれいです。

ギャザーポーチ

本体のカーブとくらべて、ファスナーのカーブはなだらかになっているのがわかります。

ギャザーポーチ

表側をのぞき込むように、ファスナーの上を縫っていきます。
ファスナーは見えないし、カーブはなだらかになっているので、カンで縫ってます。
わたしは、このミシンとのつき合いも長く、縫いもの歴も長いので、(おまけに横着者なので)、カンで縫っちゃいますが、きちんとしつけする方が、オススメです。

ファスナー側(裏側)から縫うと、表から見たときの縫い目がきれいではないので、かならず表から縫ってください。

カンで縫ってると、縫い目が落ちる場合もありますが、その場合、あとで手まつりします。
あるいは、上からテープをたたくのを前提に(隠れるので)、落ちてる部分だけ、再度ミシンをかけてしまうという方法もあります。
基本わたしは大ざっぱなので、そんな風にやっちゃうけど、あまりオススメしません。

ギャザーポーチ

ファスナー付け、完了。



返し口をコの字とじにします。
ファスナーのはじっこのぴらぴらしたところが気になるようだったら、内側に折り込んで、まつります。
強度には影響ないので、自分で使う分には、そのままでも大丈夫。

完成!

あとは、お好みで、テープやリボンでデコレーションして、ファスナーチャームをつけたりすると、カワイイ。



【デコレーション】

テープをつける場合は、縫い目をかくすようにして、まち針で留め、

こうやって、のぞき込むようにして縫います。

ブログランキング・にほんブログ村へ ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« HONKOWA(ほん怖) | Main | ドナルドのフィルハーマジック »

★作り方★」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギャザーポーチの作り方:

« HONKOWA(ほん怖) | Main | ドナルドのフィルハーマジック »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ