« ポーチ型紙の作り方 | Main | そしてやっぱり、朝からアイス。 »

June 22, 2010

裏つきポーチの作り方

裏キルティングのポーチの作り方です。

 

今回作るのは、コレ。
12センチのファスナーを使っています。

続きは、こちら♪
ク リックしてどうぞ☆
    

1)用意するもの。

16×13センチに裁断した表布2枚と、同じサイズのキルティング2枚、12センチのファスナー。

裏つきポーチの作り方 1

2)型紙を使う場合。

クリア・ファイルで作った型紙を使うときは、柄を見せたい部分に型紙を置き、型紙どおりに裁断します。

型紙を定規でおさえるようにして、ロータリーカッターで裁つと、ずれにくいです。

型紙のまわりをチャコペンでなぞって、型紙を外してからロータリーカッターやハサミを使ってもいいです。

柄合わせにこだわらなければ、全部重ねて、一気に裁断してもいいです。

裏つきポーチの作り方 1

3)ぽんぽんテープ、タグなどを縫いつけます。

裏つきポーチの作り方 1

4)表布とファスナーを中表に合わせ、直線で縫います。

裏つきポーチの作り方 1

5)もう片方の表布にも同じようにファスナーを縫いつけます。

裏つきポーチの作り方 1

6)キルティングを中表に重ね、ファスナーを挟むように縫い合わせます。

裏つきポーチの作り方 2

7)もう片方のキルティングも、同じように表布と縫い合わせます。

裏つきポーチの作り方 2

8)こんな風に開いて、ファスナーから5ミリのところを縫い押さえます。(ステッチをかける。)

裏つきポーチの作り方 2

9)ファスナーの端4センチくらいは縫いません。

裏つきポーチの作り方 2

10)反対側も同じように縫いません。

裏つきポーチの作り方 2

11)表布どうし、キルティングどうしを中表にたたみ直し、4辺を縫っていきす。(縫い代1センチ)
 このと き、ファスナーは少しあけておいてください。



裏つきポーチの作り方 3

12)キルティングの底になる部分を5~7センチ縫い残します。(返し口)

裏つきポーチの作り方 3

13)底の部分のカドをこんな感じにして、まちを縫います。2センチくらい。

14)まちの縫い上がりは、こんな感じ~

裏つきポーチの作り方 3

15)返し口からひっくり返し、コの字とじをします。(返し口をふさぐ。)
キルティングを中に入れて、整えると、出来が上がりです。

裏つきポーチの作り方 3

内側は、こんな感じ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ひっそりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)


« ポーチ型紙の作り方 | Main | そしてやっぱり、朝からアイス。 »

★作り方★」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 裏つきポーチの作り方:

« ポーチ型紙の作り方 | Main | そしてやっぱり、朝からアイス。 »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ