« キルティングのミニポーチの作り方 | Main | カラフル・バックル »

May 31, 2010

レトロ裁縫箱

レトロ裁縫箱

ふと思いついて、引っぱり出してみた。
高校のときに使っていた裁縫箱である。

続きは、こちら♪
ク リックしてどうぞ☆
    

高校のときは、毎朝、精神修養として運針があったので、手作りのピンクッション(フェルトを円形に切って、レースを挟んで縫い合わせたもの。わりと最近まで使ってた気がする…)、糸切り鋏、赤い糸と運針用サラシを入れていた。

あの学校、運針とか、1年生での浴衣製作とか、まだあるのかな。
校長も代替わりして久しいようだし、東大に入るのに忙しくて、もうやってないかも。
(と言いつつ、ネットで調べてみたりもしない。実は高校、あんまり好きじゃなかったのよ。高校生活、楽しくなかったし。)

蓋の絵、ストロベリー・ショートケーキ(アメリカのキャラクター)みたいだけど、どうやら違うらしい。
時代を考えると、日本製だね。今ではプラスティック製品のほとんどは中国製だったりするけど。

ムスメが小学校で裁縫箱を買ったりしたのと、最近レトロなものが気になるので、なんとなく再登場させたくなったというわけだ。
ちなみに小学校で買わされた裁縫箱は、同じような色のプラスティック製で、大きめで手まりの絵かなんか描いてあったな。
ヘラとか“くけ台”なんかも入ってた。

レトロ裁縫箱

さて、再登場させた裁縫箱だが、手芸部の活動に使おうと思って、小さなピンクッションとハサミを入れてみた。
ハサミ・カバーは、キルティングのハギレで、ちょこっと手作り。

手芸部とは、イベント出展のとき、店番をしつつ、ちまちまと何か縫う活動(?)である。

レトロ裁縫箱

百均で見つけた15センチのものさしといっしょに、こないだ作ったキルティング・ポーチに入れてみた。
このために作ったわけではなく、たまたまあったハギレを使って、できたのが、このサイズだったというわけ。
ちなみに、これと同時に作った。作り方も同じである。

次回の手芸部の活動は、6/19&20、名古屋クリエーターズマーケットの予定である。
しかし、勤務先の試験時間割によっては、顧問活動(手芸をせずに試験の採点をする)になるかもしれず、びくびくしている紗綾先生なのだった。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

ひっ そりとランキング参加しております (クリック、お願いします☆)

« キルティングのミニポーチの作り方 | Main | カラフル・バックル »

ハンドメイド」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レトロ裁縫箱:

« キルティングのミニポーチの作り方 | Main | カラフル・バックル »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ