« 深山幽谷 | Main | 本日のおやつ »

April 24, 2009

諸行無常そして鴨川ホルモー

編集中

編集中

プラネット・ハリウッドが閉店した。
ディズニーとの裁判がおわって、数日のことである。
新聞記事を見て、“このままだと、ある日とつぜん閉店しちゃうかも”と話し、こないだの週末に行こうと思ったら、その週の初めには、いきなり閉店していた。
てなわけで再訪は叶わず。

あの大きな地球のオブジェはどうなったんだろうと思っていたら、こんな風に覆われていた。
まさに、つわものどもが夢の跡である。

ディズニーリゾートではなく、数年待って、ユニバーサルシティにでも店を出していれば、こんなことにはならなかったのだろうか。
いや、それとも東京(厳密には千葉だけど)で成功して、大阪へ進出するつもりだったのか。

アメリカでも、たしか一旦破産して、当初共同出資していた俳優たちが一斉に引き上げたとか言ってたよなあ。

アメリカみたいに、テーブルの担当者が決まっていて、会計もテーブルでできて、でも日本なのでチップはいらなくて、アメリカ気分を満喫しつつ、日本的サービスが楽しめるお店だったのに。
レディースデイの半額にも、ずいぶんお世話になった。

閉店前に、あのすさまじいボリュームのチョコレート・ブラウニーやハニー・トーストをもういちど食べたかったよ。

この連休に結婚式の二次会の予約を入れていた人たちも多かっただろうに、どうするんだろう。

と、しみじみしつつ、向かうはシネマ・イクスピアリ。

編集中

『鴨川ホルモー』鑑賞。
映画は平日の夕方に見るにかぎる。
なぜ、平日の夕方なのか。マナーの悪い人たちと一緒になることが殆どないからである。
自分たちを入れて、なんと本日の観客4名。
う~ん、ある意味、経営は心配だ。

『鴨川ホルモー』は、スラップスティックな青春コメディであった。
原作はめちゃめちゃおもしろかったし、これはこれで、おもしろかった。
なんといっても、栗山千明ちゃんがかわいい!
キャストを知ったときから、きっとそうだろうと思っていたけど、やっぱりかわいかった。

そういや、去年の暮れ、京都に行ったとき、上賀茂神社や鴨川デルタに行ったのは、『鴨川ホルモー』の影響もあったなあ。

ちょんまげ男の住む大学寮が、実在の京大の寮だというのは衝撃的だった。
平成で21世紀の現代に、こんなものが残っている京都って、やっぱパワーが半端じゃないよ。
風情があって、住んでみたいなあと思うようなところだった。
でも実際は、蚊やら頭文字Gの虫やら、出るんだろうな、やっぱ…
あと、ミシンもかけられないね。
でもどこか、パリのアパルトマン風というか。
主人公の下宿も、同じような感じだったけど、ああいった建物も、現役で存在するのだろうか。

ところで、あのレナウン娘。
映画のパンフレットでは、京大で晴れ乞いで実際に行われてたとかあるけど、一時期、全国的に大学生のあいだで流行ったものだと思うんだけど、覚えてる人、いるかなあ。
というのも、あたしが大学に入ったときの新歓で、自治会の先輩がグループの余興として提案したのが、レナウン娘だったんだよね。
原作読んだとき、同世代の作家が書いてるもんだから、にやりとしたんだけど。

余談であるが新歓といえば、ワタシの一発芸は、「だって。だって古代君が死んじゃう」でございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 

« 深山幽谷 | Main | 本日のおやつ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 諸行無常そして鴨川ホルモー:

« 深山幽谷 | Main | 本日のおやつ »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ