« サイバーショット携帯 | Main | 永遠のベルサイユのばら展 »

August 25, 2008

Rick Rackのワークショップ

2008_08_25_13_07_24_1336おなじみ狛江のリック・ラックさん。
がま口ポーチのワークショップが開催されていたので、自由研究ほったらかしだったムスメを連れて行ってきた。
事前に撮影許可をいただいていたので、ムスメはせっせとメモをとり、ワタシはせっせと写真をとった。
これからムスメは、レポートとを作って、作品といっしょに提出する予定である。

所要時間2時間半!
朝から始めて、おわったときにはお腹がすいて倒れそうだった。

2008_08_25_10_13_05_1253 2008_08_25_10_47_19_1267 2008_08_25_12_41_01_1333



 写真はクリックで大きくなります 

« サイバーショット携帯 | Main | 永遠のベルサイユのばら展 »

ハンドメイド」カテゴリの記事

Comments

いーささん

こんにちは☆

いや~ほんと、自由に研究しろと言われても、コドモはなかなか自分じゃやらないもんですよね。
これはもう、親との共同作業とあきらめて、がんばるしかないですね~

うちも、自主的に何かやらせようと思ったのだけど、ぼーっとしたまま。
布モノ製作+レポートなら、家でやらせることもできるけど、あっというまに親子げんかになること請け合い!
なので、1時間半もかけて、狛江まで行ってきたのでした。
は~あ。

うちも、来年は是非、自分一人でなんとかしてほしいものです、はい。

さ~や☆さま。

お嬢さん、頑張って可愛いがま口ポーチをお作りになりましたね。

一人でやり遂げるなんて、偉いですね。

我が家の次男、自由研究全くヤル気なしで、しびれを切らした私は、夫に「夏休み工作」を検索してもらい、長男も巻き込んで3人で作りました・・・。

勿論、私たちが一生懸命「ああでもない。こうでもない。」と作っている間、次男は、ただぼーっとしておりました。

なんとか、出来上がった時、「ありがとう」とぼそっと言っただけの次男。

多分、これを提出しても、担任の先生には、ばれていると思います。

あぁ、情けない次男。

この子は、興味あるものには、どんどん突っ込んでいくのですが、興味ないものには、全く何もしない、協調性に欠けている子でして、早くから「自由研究何するの」と叱咤しておりましたが、ヤル気なし・・・。

もう小学3年生にもなるのに、夏休みの勉強は、相変わらず「お母さんと一緒にする」と言う有様。

お陰で、こちらが、汗だくになりながら、二人三脚で仕上げました・・・。

女の子は、しっかりしていていいですね。

男の子は、いつまでも甘えたで困ったもんです。

息子よ・・・少しは、自分でしようと自立してくれ・・・と言いたい母なのでした。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rick Rackのワークショップ:

« サイバーショット携帯 | Main | 永遠のベルサイユのばら展 »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ