« 学食デビュー | Main | お仕事が~終わらない~ »

July 09, 2008

四万六千日

編集中

浅草で、ほおずき市をやっている。
四万六千日の縁日である。

この日におまいりすると、1回で46,000日分の御利益があるというのだ。
実は今までにけっこう行っている。
なので、100,000日分はおまいりしている計算になるので、ざっと300年分の御利益はあるはずなのだが、やはりこういうのは、毎年行かないと効果が薄れる気がする。

ここ5年くらいは行っていないので、ことしこそは行きたいなあと思っていたのだが、やはり、学期末の修羅場の中、平日の夕方とかにムスメを連れていくのは、無理だ。

てなわけで、とりあえず近くのホームセンターで、ほおずきの鉢を買ってきた。
浅草のやつは、かごに入って、風鈴もついている。夏の風情たっぷりで、ことしも2500円だそうだ。

でも、縁起物だからね。
値段じゃなくて、やっぱり浅草でほしかったなあ…

ちなみに、これは598円

|

« 学食デビュー | Main | お仕事が~終わらない~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四万六千日:

« 学食デビュー | Main | お仕事が~終わらない~ »