« 鹿男あをによし | Main | ダブルガーゼのマフラー »

June 24, 2008

神隠し譚

編集中

小松和彦 編 神隠し譚

いま読んでる本である。
タイトルのとおり、神隠しのお話を集めたもの。

久々に亡き師匠の短編を読んで、朝の電車で不覚にも涙ぐんでしまったよ。

編者の小松和彦さんは、妖怪や異界が得意分野の民俗学者。
文章がわかりやすく、題材も興味深いので、昔から大ファンである。

世界中の失われた文明テーマも好きだけど、日本の神隠しや隠れ里テーマも大好きなのだ。

« 鹿男あをによし | Main | ダブルガーゼのマフラー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神隠し譚:

« 鹿男あをによし | Main | ダブルガーゼのマフラー »

さ~や☆リンク

お気に入りblog











無料ブログはココログ