« January 2006 | Main | March 2006 »

February 2006

February 28, 2006

謝恩会

0602270014 0602270015ぎりぎりセーフでスーツを仕上げたので、自転車かっ飛ばして(失礼)東京ディズニーリゾートの某ホテルへ行った。
謝恩会である。
前菜とデザートの写真。ライトの関係で、デザートの方、色がイマイチでごめん。

少女たちの余興は写真を撮ってないし、撮っていても載せられない。
こういうイベントのときは、いつも思うんだけど、やっぱりこの学校の子って、パワフルだよね。
こういうことをしっかりやり遂げるんだ。
うちも中学から私立に入れるつもりだけど、ここも候補の一つである。
ただしそれまであたしの仕事があれば、である。
さすがに、縁が切れた学校へ入れるのは抵抗あるわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2006

大般若

0602260033女装した若衆が、大般若経をかついで町内を走りまわるというお祭りがあった。
雨の中、透明な雨ガッパを着て、がんばっていた。
マンションも町会に入ったので、来てくれた。
やっぱり近くで見ると感激である。
しばらく前から年齢制限も緩和(なので厳密には若衆というには微妙な人も入っている)、参加も町会の人ではなくても可(全国のお祭りマニア集結可)となったので、一時は廃れそうだったのが、活気のあるお祭りになった。

0602260035で、マンション全戸分、お札をいただいてしまった♪
マンション全戸で1軒分ほどのご祝儀しか差し上げてないので、ちょっと恐縮。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2006

ひなまつり

20060223a 20060223b今年はリフォームもあるし、おひな様は出せないかなぁと思っていたら、ある日曜日の夕方、夫が一瞬で飾ってしまった。
そしてまた一瞬で片づけてしまうのだろう。
ゆっくり春の日差しをあびながら飾ったりしまったりという風情はキミにはないのかぁ!
今年は出さないかもと思ってしまう母より、一瞬で出して一瞬で片づける父の方が優秀という気もする。
当のムスメは、鉛筆でスケッチ。画材にクレヨンを選ばなかったのは、ディテールが描きづらいからだと思う。対象物と紙を交互に見くらべるムスメは、いっぱしの画家のようだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

ポルト・ボヌール跡地

0602120026 0602120027イクスピアリのショップが今、大幅入れ替わり中である。
お気に入りだったポルト・ボヌールも閉店してしまった。
なんだかパリの裏通りを通ったら、扉を閉ざしているお店があったという風情のポルト・ボヌール跡地である。
つまんないなぁ…

0602120025

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2006

リズム・オブ・ワールド

0602120024これまただいぶ前の写真。
10日ほど前に行ったディズニーシーで入手した物たち。
右下のプレートに載っているグリーンのものは。
ジャン!
ムスメがインディ・ジョーンズに乗ったときに、腕に巻いてもらったものである。身長制限ぎりぎりの人が乗車許可証としてもらえるのだ。
ディズニーランドじゃ、初めてのビッグ・サンダー・マウンテンは目視でOKだったもんなぁ。
感慨ひとしおである。
でもって、生意気に言うのだ。
「レイジング・スピリッツ、早く乗れるようになりたいなぁ」
あと20センチ近くあるゆえの、余裕発言か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

大安吉日

0602140028 1週間ほど前の写真になるけど、先週の火曜日は、こんなことしてたみたい。
数日前から、ディズニーランドの旧駐車場の中央にテントができているのを見て、なんだろうと思ってたら、これだったのね。
地鎮祭、やるんだなぁって、日本だから当たり前なんだけど、ちょっと不思議な感じがした。
ま、実際に工事するのは職人さんたちだし、昔、将門の首塚を壊そうとしてGHQのブルドーザーがひっくり返って大変だったことのある国だからね、やっぱりこういうことは、ちゃんとやらないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

シンデレラの戴冠式

0602070013パレードルートを通って、シンデレラが戴冠式に向かうという情報をキャッチ。
出発点はトゥーンタウン。プラザ前を一回りしてお城に入り、戴冠式後は王子さまと、お馬車に乗られてトゥーンタウンに帰ってくるのだとか。
時間がちょうどよかったので、トゥーンタウンの出口で待ってみた。まるで夢のような馬車行列である。

0602080017ムスメも感動して、帰ると早速絵に描いていた。

0602080016スケッチブックを写真に撮ろうとすると、こんな絵もでてきた。
スーパー・ドゥーパー・ジャンピング・タイムの人形劇の様子 である。水色の向こうの大きなドナルドは、人形を操っているドナルド本人だそうだ。これも初めて見たあと、感動して絵にかいたもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2006

消しゴムはんこ

0602050020ハンドメイド主婦のあいだで流行っている消しゴムはんこ。
ずうっと憧れだったけど、実はあたし、こういうの作れないのだ。
そこで我が家の画伯に頼んでみた。
ずっとずっと頼み続けてみた。
どうやら作ってくれるらしいというので、“はんけしくん”とこまけいこさんの本を買ってきて、これ! と言って作ってもらったのだった♪

右の二つは図案どおりのもの。
左のネコタン(綴りをまちがえたのはあたしだ。でもCのほうがかわいくない?)は、ムスメのリクエストで夫がかいたもの。ムスメのトレーナーについている絵柄が元ネタである。

これらを1、2時間くらいで、カッターナイフ1本で彫りあげてしまう夫って、すごい。
ほかにも、あたしの頭のなかには図案があるんだけど、自分じゃ形にできないんだよねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2006

小さな春

0602060039職場の梅が咲いた。
この梅が咲くのを見るのは2回目だなぁ。
初めて面接に行ったときにも見たのかな。だとすると3回目か。
来年も見れる予定。
ああ、小さい春。と思いつつ、今夜から雪だって?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

節分

0602020055なぜか写真が斜めになっているけど、玄関先にヒイラギとマメガラ、それにイワシとスズのようなものがついている節分飾りをつけた。
スーパーで200円くらいである。

0602020056保育園で一日早く豆まきをして帰ってきてからの写真。
オニの面と、枡は手作り。枡にいっぱいの豆が入っている。
撒ききれなかったらしい。
泣かなかったことを自慢しているが、実はろくろくオニに豆が投げられないほど離れていたのではないかと推測。

ところで、あの、その年のよい方角を向いて、太巻きをもくもくと食べるという風習だが、どうやら関西の海苔業者の企画だったらしい。
生粋の江戸っ子の故師匠が、本来東京になかった妙なものが流行るのを毛嫌いしていて、たいがいが、上方から来ていると言っていたが、あれもやっぱりそうだったのか。
しかも、バレンタインデーのチョコレートと同じく、食品業者の企画だったとは。
とにかく、何がイヤって、あの“丸かぶり”という語感がいやだ。
師匠が生きていたら、同じことを言っただろう。
だいたいが、関東の言葉で「かぶり」と聞いて連想されるのは、「被り」である。
初めて聞いたとき、布団か何かかぶって、食べなきゃいけないのかと思ったよ。
「かぶりつく」の「かぶり」なのだろうけど、それを言うなら「丸かじり」である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2006

プリンセス・デイズ~その4

20060201_4プレゼント配布3回目の火曜日は雨だった。
黄昏のなか、ぼんやりと点りはじめるイルミネーションである。

20060201_3夫が朝早く行ってgetした限定カップ。
ムスメはオーロラ姫のファンなので、かなりうれしいらしい。
でも、通常販売のプリンセスのカップの方が、かわいいような…
前2回を買い逃しているので、さほどの執着のない代物。
でも3月3日のシークレットは、仕事休んででも行きたい。
試験初日なんだよね。自分の試験が入りませんように……

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

プリンセス・デイズ~その3

0601290001 0601290005日曜日の午後。というか夕方。
シンデレラの戴冠式の抽選に行ったけどハズれた。
とりあえずティアラだけつけて、お姫さま気分。
2週続けて限定カップが買えなかったので、ふつうのプリンセスのカップを買った。
中身はいちごプリン。
味は。
……こんど買うならカップだけでいいわね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »